仕事に必要なものだけ出す

必要性が高いものを見極めよう

ものを置きすぎないように

仕事がスムーズに進まなかった人は、デスク周りが散らかっていることが原因だったと考えられます。
デスク周りを綺麗に整頓してから、仕事に臨んでください。
特に、デスクの上に置くものは重要です。
たくさんのもので溢れていると、集中力が失われてしまいます。

見た目をスッキリさせるため、いらないものは引き出しの中にしまいましょう。
仕事に最低限必要なものはパソコンと筆記用具、電話だと言われています。
なるべくそれ以外のものは、置かないように意識してください。
他のものをたくさん置くと、作業するスペースが狭くなってしまいます。
デスクの上にものを置くとすぐ取り出せて便利だと思うかもしれませんが、作業効率が低下するので改めてください。

付箋を活用しよう

デスクマットの中に、昔に使った内線表やハガキをいつまでも挟んでいる人が見られます。
しかし過去のものであれば、もう使いません。
邪魔なので、すみやかに排除してください。
また帰宅前に、翌日に使う書類などをデスク上に用意しておく人が見られます。
しかしそれは控えて、デスク上を綺麗にしてから帰宅してください。
すると気持ちがリセットされて、翌日から新しい気持ちで仕事に向かうことができます。

翌日に必ずしなければいけない仕事があるなら、付箋に書いてデスク上に貼っておきましょう。
付箋なら簡単に貼れますし、用事が済んだら処分できるので便利です。
メモすることがあったらすぐ付箋に書いて、いつでも見える位置に貼ってください。